薪置き小屋 2/6

単管パイプで作る「薪置き小屋」

底部分を組む。    

 

まず、単管パイプで底の部分を組みます。600mmと2000mmの単管パイプを写真の様に、井型に組みます。その時に600mmの単管パイプが下になるように直交ジョイントで止めます。2本の2000mm単管パイプの幅は350mmにしました。

 

※うちの薪ストーブの大きさは、400mmの長さの薪が入るのサイズなので その薪が余裕で乗るサイズの350mmにしました。

この時、ジョイントのネジは、単管パイプが動かない程度に絞めます。増締は設置してから行います。

柱を立てる。    

 

600mmの単管パイプの両端に柱をとめるため、直交ジョイントを付けます。
(4ケ所)
 

柱を4ケ所、立てたところ。
  そして 柱になる1800mmの単管パイプを立てます。(4ケ所)  
     

 
次は、「屋根部分」です。「Next」をクリックしてね!!
 
 
 
 
 
●メニューに戻る●